回帰 まほらのまぼろし

回帰

僕らは帰るんだ
遥か彼方の星へ

 

巡り、巡っていく
どこ、どこまでも
巡り、巡っていく

 

健在にはない欠片
潜在にある全記憶

 

幾千年もの時間たち
幾星霜もの軌跡たち

 

出発の合図は偶然に
到達の号令は確約に

 

肯定と賛成と歓声が
後悔と失敗と惨憺が

 

対極の意図は混成し
統轄の辺地は咆哮し

 

片鱗の過去は回想する
転換の現況は合成する

 

廻り、廻っていく
いつ、いつまでも
廻り、廻っていく

 

健在にある恍惚感
潜在にはない帰服

 

彼方からの支配者たち
此方からの従属者たち

 

再会の儀式は婉曲に
終息の和解は闊達に

 

祭祀と融合と再生が
犠牲と解離と崩壊が

 

覚醒の意志は快哉し
萌生の結託は采配し

 

基点の回路は棄却する
終点の帰路は脱却する

 

巡り、巡っていく
どこ、どこまでも
巡り、巡っていく

 

僕らは帰るんだ
遥か彼方の星へ


スポンサードリンク

カテゴリー: Life