Profile*作者プロフィール

プロフィール写真2

さくらいまさゆき(masa)

1974年生まれ、東京在住。

言葉というものに、興味を覚えたのは、おそらく物心がついた頃からだったと思う。

人を観察して、人が望むことをする。

だから、その人が望む言葉を発するようにしていた。

はじめはそれで上手くいっていたのだが、幼少期を過ぎ、思春期にはいると、それでは上手くいかなくなる。

人に合わせて自分をつくるというのは、本来の自分を押しこめて抑圧することに他ならない。

その頃から、大人になるまで感じていたのが、「誰も自分のことを理解してくれない」という想いだった。

 

詩を書くきっかけ

 

そんな想いがある中で出会ったのが、銀色夏生という詩人だった。

まるで自分の気持ちを代弁しているかのような詩の数々に、すっかり心を奪われてしまった。

銀色さんの詩集を繰り返し読んでいく内に、自分でもなにかを書きたい衝動に駆られる。

中学生の頃から、ノートに詩を書き始める。

でも、そのときは自分のための言葉であって人に見せることはなかった。

 

写真詩ブログをはじめる

 

インターネットができるようになってからやり方が変わりました。

はじめは参加者として、掲示板やチャットなどをやっていたのが…。

だんだん、それだけでは満足できないようになる。

上京して社会人になった頃より、ホームページやブログを立ち上げる。

そこから、詩や写真詩を公開するようになる。

2015年5月に、写真詩サイト『まほらのまぼろし』を開設。現在に至る。

 

サイト・SNSなど

 

写真詩以外にもカフェサイトや書評ブログなどもやっています。

気になるものがあれば是非チェックしてみてください。

*Twitterのページ

*Facebookのページ

*カフェと珈琲とスイーツがある日常(カフェサイト)

*良薬は口に苦し 良書は心に甘し(書評ブログ)

 

サイトの感想、お仕事のご依頼はこちらよりお願いいたします。

*MAIL〜メッセージはこちらからどうぞ〜