夢から醒めて まほらのまぼろし

夢から醒めて

朝日のなかに佇んでいた
ぼんやりとした記憶のなかで

 

大切な誰かと手をつないで
空を見上げていたような気がした

 

朝日を浴びた、その場所で
過去の記憶を手繰りよせてみた

 

ほのかに甘い匂いが鼻腔をかすめ
柔らかくて温かいぬくもりがして

 

ふっと、目を覚ましてみたら
すべてが遠い記憶のように
あとかたもなく消えてしまった

 

たしかにあったはずの出来事が
どうやっても思い出すことができず
立ち止まっているしかなかった

 

目覚めてしまって、今ここにいる
そのことを強く実感したんだ

 

もう、夢の世界には戻れない
眠りの住人にもなることができない

 

だから、僕はここで生きていく
ここで地に足をつけて生きるんだ

 

夢を超えたこの地上の世界で
美しい花々を咲かせるために


スポンサードリンク