出逢い、別れ、再会 まほらのまぼろし

出逢い、別れ、再会

どこまでも行くことができる
どんなことだってやってみせる

 

愛しい人と出逢った者たちは
必ず口を揃えてそう言うんだ

 

1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と
月日が経つにしたがって

 

あのときの頑な決意は
嘘のように消えてしまう

 

月日は残酷なほどに
彼らの心を変えてしまう

 

愛という約束の未来は
永遠の想いに変換されない

 

時は想いを薄く薄く
引き伸ばしてしまう

 

愛は形を変えていく
同じ関係は持続しない

 

ふたりは別れることもある
ふたりは再会することもある

 

同じ関係をやめたとしても
愛が喪失したわけではない

 

想いの質も、想いの量も
均一であり続けることはない

 

誰しもが常に変化している
永遠に同じ場所にはいられない

 

今は苦しくて忘れられないと
思っているかもしれないけれど

 

それも時間とともに薄まっていく
濃縮されたしあわせの欠片とともに

 

寂しさが薄まっていくと
思い出は色濃く浮き上がる

 

出逢いも、別れも、再会も
不必要なものはどこにもない

 

どれもが大切な出来事なんだ
どれもが大切な愛の記憶なんだ


スポンサードリンク

カテゴリー: Love