夢をもつこと まほらのまぼろし

夢をもつこと

変わらないことにイライラして
変わらないことにクヨクヨしていた

 

どんなに頑張っても、先は見えてる
どんなに背伸びしても、限界がある

 

僕らには無限の可能性があると言った
あのときの先生を恨みそうになったよ

 

大人になると、夢は絶望に変わる
無限と思っていた世界は有限になる

 

先が見えれば見えるほどに
ズタズタに夢は切り裂かれていく

 

もう、夢なんて見なくていいって
思うことが何度もあったよ

 

でも、時間が経って傷が癒えると
また新たな夢が生まれるんだ

 

それはごく自然なことなんだよ
否定することも必要ないし
素直に喜べばいいんだ

 

夢をもつことは必要なことなんだよ
生きるためにあるといいことなんだよ


スポンサードリンク

カテゴリー: Life