波の音 まほらのまぼろし

波の音

波の音がこだまする

 

心地よい子守唄のように

耳元で鳴り続けている

 

夜が明ける前のひととき

君のことを想いながら

僕は波音に耳を傾ける

 

今はここにいない君と

一緒にいるような気がする

 

嘘でもいいんだ

僕の勘違いでもいい

 

それでも僕は君を感じる

君の息づかいや温もりを

 

手に触れて、肩を抱いて

何も喋らず砂浜に座って

 

ふたりで太陽が昇るのを

静かに待っているんだ

 

海を見ながら

空を眺めながら

君を見つめながら

 

温もりを感じて

息づかいを感じて

 

しあわせな時間に

この身を任せてしまう


スポンサードリンク

カテゴリー: Love