第十六首 美紅の短歌「我こころ~」

Posted on 2014年4月21日第十六首 美紅の短歌「我こころ~」 はコメントを受け付けていません。

清史さま

 

代わりだなんて思いたくありまん。

清史さんは清史さんです。

正直、重ねてしまう瞬間もありますが。

歩きながら、色々お話してみませんか?

桜が散ってしまう前に。

 

「我こころ さらうあなたは春嵐 花散るようで心もとなく」

 

美紅

 

美紅の短歌の説明

穏やかだった私の日々を揺らすのは春の嵐のようなあなた。
ぱっと来てぱっと去ってしまうようで不安です。
The following two tabs change content below.
麗&優
『超訳百人一首 うた恋い。』にハマったのがきっかけで短歌を詠み始める。現代の恋の物語を美紅と清史の短歌のやりとりで紡ぎたいと思いはじめたのですが…。うたはスルスル詠めず、悩んだり、小休止しながら更新しています。