第四十二首 美紅の短歌「別々の~」

Posted on 2016年1月12日第四十二首 美紅の短歌「別々の~」 はコメントを受け付けていません。

清史さま

 

あなただけではありませんよ。

私も未だに余韻のなかです。

 

「別々の場所で同じ日を想うあの夜の温もりまた持ち寄って」

 

清史さんの腕に包まれた感触がまだ残っています。

この感触が消える前にお逢いしたいです。

 

美紅

 

美紅の短歌の説明

嬉しい、離れていても同じ夜を考えているのですね。
それならば一緒に想いたいです。

 

電子書籍でも美紅と清史の短歌を読むことができます。
☆短歌で紡ぐ架空の恋 vol.1 第1首〜20首(歌集)
☆短歌で紡ぐ架空の恋 vol.2 第21首〜40首(歌集)

The following two tabs change content below.
麗&優
『超訳百人一首 うた恋い。』にハマったのがきっかけで短歌を詠み始める。現代の恋の物語を美紅と清史の短歌のやりとりで紡ぎたいと思いはじめたのですが…。うたはスルスル詠めず、悩んだり、小休止しながら更新しています。