第二十二首 美紅の短歌「からだごと~」

Posted on 2014年5月31日第二十二首 美紅の短歌「からだごと~」 はコメントを受け付けていません。

清史さま

 

清史さん、私もお花見のことをよく思い出しています。

私が人とぶつかりそうになった時のこと、覚えていますか?

 

「からだごと盾なる君に守られて想い深める雑踏のなか」

 

清史さんの優しさを感じた瞬間でした。

 

美紅

 

美紅の短歌の説明

ずっと独りで頑張ってきた私でした。
男の人に守られる、これだけのことがこんなに心安らかに感じるなんて。
あなたに想いが深まりました。
The following two tabs change content below.
麗&優
『超訳百人一首 うた恋い。』にハマったのがきっかけで短歌を詠み始める。現代の恋の物語を美紅と清史の短歌のやりとりで紡ぎたいと思いはじめたのですが…。うたはスルスル詠めず、悩んだり、小休止しながら更新しています。